製図が簡単!作業効率もアップするCADとは?

製図の書き方にはルールがある

製図とは製品を作るための図面を製作することです。誰が見ても情報が明確に伝わるように、正確にわかりやすく描かなくてはいけません。そのためには使用する線の種類や太さ、文字の種類や大きさ、寸法線の書き方などに細かなルールがあります。手書きの場合には、製図の基礎をマスターするのは大変です。しかし現在では、CADの普及により製図作業が容易になりました。

製図作業をサポートするCAD

CADはComputer Aided Designの略語で、キャドと読みます。コンピューター支援設計と日本語に訳されるとおり、コンピューターで設計や製図をおこなうために用いるソフトです。それまで手書きだった図面をデジタル化することにより、作業の効率化が図れます。機能にあわせてさまざまな種類があり、幅広い業種で使用されています。

CAD導入のメリットとは

もともと手書きだった設計や図面を、デジタル化してコンピューターで表現することにより、作業時間が大幅に短縮できます。たとえば手書きの場合には、書き手のスキルによって図面の完成度や作成スピードが異なりますし、修正作業も面倒でした。しかしCADなら、同じ図面を複数で製図することができますし、データの修正も簡単です。しかも計算ミスがありません。さらに、デジタル化されているので、図面データを共有できるのも大きなメリットです。紙の図面を共有する場合には、コピーを取り、必要に応じて取引先に郵送しなくてはいけません。しかしCADで作成した図面なら、コピーや共有が簡単にできるので、共同作業がはかどります。既存のデータを流用することもできるので、新たに図面を起こさずに済みます。このように、CADを導入すれば作業が効率化され、生産性が向上し、コストの削減にも役立つのです。

水道CADは、水道工事に必要な配管図面をパソコンで作成するツールです。簡単な設定のみで、平面図や立面図を自動作成することが出来ます。