CADって必要?手書き製図のメリットデメリットとCAD導入で考えるべきポイント

手書き製図のメリットとデメリット

ものづくりの現場では、CADで製図作成することが一般的になっていますが、手書きの製図もまだ存在しています。手書き製図のメリットは、初期費用が抑えられることです。必要なのは紙やペン、消しゴムや定規などで、それほど値が張るものをそろえる必要がないため、資金力が乏しい場合でも製図ができます。手書き製図のデメリットは、修正作業などに時間がかかることです。修正には消しゴムを使いますが、複雑に線が込み入った図面の場合、必要な部分まで消してしまうことがあるため、細心の注意を必要とします。線を引きなおすと、鉛筆の筆跡が残るなど、図面のきれいさが失われることもあります。図面を取引先などに送る場合は、郵送などに時間を要するので、納期を見越して早めに仕上げなければならず、残業が発生しやすくなります。

CADを導入する際に考えておきたいこと

スピーディーなものづくりが求められる現代では、CADの導入が欠かせないと考える企業が多くなっています。新たにCADを導入する場合は、仕事に合った機能が搭載されているかに加え、操作性を加味して導入を検討するとよいでしょう。CADはできることが多いものほど高価になりますし、それに伴ってパソコンのスペックも必要です。使用しない機能があると宝の持ち腐れになり、コストパフォーマンスを落とす原因となります。また、いくら高機能のCADを導入しても、使いこなせないのであれば、意味がありません。取引先とのデータ共有が必要であれば、互換性のあるCADソフトの導入が不可欠です。

電気CADは、電化製品や工業製品の開発をしているメーカーのみならず、街中の工務店や工事現場などでも重宝されています。