DIYに挑戦しよう!初心者におススメのDIY工具とは


素材を切る時便利なノコギリ

木材などを加工する時、必要になるのがノコギリです。ノコギリは、木工用、樹木伐採用、金属用など色々な種類があります。まずは使用する場面が多い、木工用のノコギリを入手しましょう。組み立てる時は、正確なサイズに木材をカットすることが大切ですよね。そんな時は、ソーガイドと呼ばれるノコギリ補助道具を活用しましょう。ソーガイドがあれば、難しい直角切りや直線切りなどをサポートしてくれ、まっすぐに素材をカットすることができるようになります。キレイにカットできれば、今まで諦めていたような家具なども制作できるはずです。

ネジを回すのに必要なインパクトドライバー

インパクトドライバーは、ビス打ちや穴あけを素早く行う際、重宝する工具です。インパクトドライバーは電動の工具で、中に回転式のモーターと小さなハンマーが内蔵されています。ハンマーで強い衝撃を与えることにより、ネジを思い切りしめることができるのです。インパクトドライバーを活用すれば、力に自信がない人でも、難なく穴を開けたり、ネジを閉めたりすることができるようになります。使う頻度も多いので、DIYを趣味にするなら是非持っておきたい工具です。

安全に作業できるクランプ

クランプとは、材料を作業台に固定する工具で「締め具」とも言われています。手で押さえながら、ノコギリを使って木材を切るのは危険です。クランプを使えば、ノコギリで何かを切ったり、ビス止めしたりする時に、非常に重宝するでしょう。クランプには、「C型クランプ」「F型クランプ」「ベルトクランプ」「コーナークランプ」「バネクランプ」など色々な種類があります。使用用途により、クランプの種類を選んでいくことが大切です。

消泡剤とは液体に泡が出るのを防ぐために、あるいは出来た泡を消すための添加物のことです。例えば、豆腐作るときにも使っています。